おすすめはコレ!レイチェルワイン

オンリーミネラル

エトヴォス

ベアミネラル

トゥヴェール

本物のミネラルファンデーション HOME » 肌に優しいミネラルファンデーションの基礎知識 » UVカット機能と目安になる数値

UVカット機能と目安になる数値

はたして、ミネラルファンデには紫外線を予防する効果があるのかどうか調べてみました。日焼け防止効果が得られる値の目安もご紹介します。

ミネラルファンデにはUVカット効果があるの?

ミネラルファンデにも、UVカット効果は十分にあるといえます。ミネラルファンデーションの主成分である酸化チタンと酸化亜鉛には、紫外線を反射する効果があるからです。

UVカットとして使用される成分には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2つがあります。

紫外線吸収剤は、化学反応してエネルギーを吸収し、紫外線が皮膚の細胞に浸透するのを防ぎます。紫外線散乱剤は、紫外線を肌表面で散乱させることで紫外線の影響を防ぐ効果があります。

化学合成されてつくられた紫外線吸収剤に対し、天然ミネラル成分である酸化チタンと酸化亜鉛は、紫外線散乱剤にあたり、日やけを防ぎます。つまり、これらの原料が主成分であるミネラルファンデは、肌にやさしいのに、UVケアまでできるのです。

日焼け止めを塗るのがめんどくさい方にとっては、ファンデを塗る1ステップですむので、メイクの時短にもなりますよね。

紫外線の種類と日焼け防止効果の目安

塗るだけで、紫外線対策までできるミネラルファンデ。はたしてSPFやPAの数値がどのくらいあれば、UVカットに効果的なのか調べてみました。

紫外線には、UVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)の2種類があります。

紫外線B波は、短時間で肌の表皮に影響を与える作用があり、やけどのように赤くなる、いわゆる海水浴でよく起こる”レジャー日焼け”です。炎症がおさまるとメラニン色素が沈着して、シミやそばかすの原因になります。

いっぽう紫外線A波は、B波よりエネルギーは弱いものの、肌の奥の真皮まで届きます。厚い雲や窓ガラスも通過して肌にダメージを与えるので、家の中にいたのに”うっかり日焼け”をしてしまうことも。

紫外線A波を浴び続けると、肌は弾力を失い、シワやたるみを引き起こします。また、メラニン色素の合成を増やすことでシミが目立つなど、肌老化が進んでしまいます。これらの紫外線を防ぐ目安として、SPFとPAの値を見ます。

よく耳にするSPFとは、紫外線B波をカットする効果を表します。そして、紫外線A波のカット効果はPAで判断します。ちなみに、国内最高基準は「SPF50+」、「PA++++」です。ただし、値が高ければいいというものではありません。生活環境や状況にあわせて使いわけるといいでしょう。

SPFとPA数値の目安

  • 日常の生活(家事、買い物、散歩など)…SPF10~20、PA+
  • 屋外でのスポーツやレジャー…SPF20~30、PA++
  • 日差しの強い海や山、炎天下でのレジャー…SPF40以上、PA+++以上
 

上記を参考に、シーン別に選びましょう。

ミネラルファンデの平均的な数値は、SPF15~20前後のようです。日常生活ならば、そんなに高い値のものは必要ないですが、夏のレジャーや海に行くときは、心配ですよね。

そんなとき、数値が高い日焼け止めを下地に使用することで、紫外線対策は万全になります。まず、適量を出し、顔全体に薄めに塗ります。

上に重ねるミネラルファンデがよれず綺麗につけるために、顔表面をティッシュオフするひと手間を加えることがコツです。日焼け止めは、もちろんノンケミカル表示を選びましょう。

 
本物のミネラルファンデーションを探せ! 美容オタク3人の使い比べ比較