おすすめはコレ!レイチェルワイン

オンリーミネラル

エトヴォス

ベアミネラル

トゥヴェール

本物のミネラルファンデーション HOME » 肌に優しいミネラルファンデーションの基礎知識 » 肌のシミは隠せるの?

肌のシミは隠せるの?

肌に優しいファンデーションとして注目されている「ミネラルファンデーション」ですが、カバー力に関しては不安に思っている人も少なくはないようです。

そこで今回は、「ミネラルファンデーションで肌のシミは隠せるのか」という点に注目し、実際のカバー力や効果的な使用方法などを説明します。

ミネラルファンデーションとは

ファンデーション

ミネラルファンデーションとは「マイカ」「酸化チタン」「酸化鉄」「酸化亜鉛」といった天然の鉱物を主成分として作られているファンデーションのことをいいます。

ミネラルファンデーションを開発した「ベアミネラル」創業者のDIANE RANGERは、合成着色料や賦形剤、鉱物油、タルク、合成香料などを一切使用していないことをミネラルファンデーションの定義としていました。しかし日本ではまだミネラルファンデーションに関して明確な決まりは定められていないため、ミネラルを主成分にはしていても、ほかに化学合成された成分が配合されているなど品質に差が生じてしまっているようです。

また、日本ではミネラルが数パーセントしか配合されていなくても「ミネラルファンデーション」の名で販売することができます。そのため「ミネラルファンデーション」として販売されている商品が必ずしもノンケミカルで肌に優しいとは限りません。

しかし、もちろん肌への負担が少なく敏感肌の方でも安心して使用できるようなミネラルファンデーションも多く販売されているので、名前だけに踊らされずにきちんと成分を確認してから自分に合ったものを選ぶことが大切です。

ミネラルファンデーションはカバー力が無い?

「肌に優しい」というイメージが先行してしまいがちなミネラルファンデーションですが、とりわけカバー力が低いというわけではありません。むしろリキッドタイプやクリームタイプのミネラルファンデーションはカバー力が非常に高いものも多くあります。

しかし一方で、パウダータイプのミネラルファンデーションの場合、使用する人によっては「カバー力が無かった」と言われてしまうことも少なくはありません。

特に一般的なファンデーションに慣れている方の場合、「ミネラルファンデーションはカバー力が低い」と感じてしまうこと多いようです。そもそも一般的なファンデーションには、カバー力を強めるために「水溶性ポリマー」「シリコン」といった合成ポリマーという成分が配合されています。合成ポリマーは肌の密着度を高めることで毛穴や肌の凸凹をカバーしてくれる効果があるほか、のびも良いため簡単に肌を美しく仕上げてくれます。

しかしミネラルファンデーションには通常こういった合成ポリマーは配合されていないため、一般的なファンデーションに慣れている方は特に使いづらく感じることもあるかもしれません。

また、シミやくすみ、そばかすなどを隠すために普段からコンシーラーを使用している人にとっても、「ミネラルファンデーションはカバー力に欠ける」と思われることは多いようです。確かに濃いコンシーラーと比べるとミネラルファンデーションはカバー力で劣るかもしれませんが、使い方次第ではシミやくすみ、そばかすをしっかりと隠すことも可能です。

ミネラルファンデーションの効果的な使用方法とは

化粧

通常お化粧する際は、下地やコンシーラー、ファンデーションなどいろいろな化粧品を組み合わせて仕上げていきますよね。しかしミネラルファンデーションの場合、基本的に下地や仕上げのフェイスパウダーなどは使用しません。ただミネラルファンデーションをブラシで優しくつけていくだけでベースメイクが完了します。

これだけではカバー力の物足りなさを感じる方も当然いることでしょう。そこで続いては、ミネラルファンデーションのカバー力をアップさせるための使い方を紹介していきます。

しっかりと重ね付けする

一般的なファンデーションは何度も重ね付けすると厚ぼったくなってしまうことが多いですよね。しかしミネラルファンデーションは何度つけてもヨレにくいため、重ね付けしても自然な感じに仕上がります。

そのため、「シミやくすみ、そばかすをしっかりと隠したい!」という方は特にミネラルファンデーションを何度も重ね付けしてみてください。また、ミネラルファンデーションは基本的に肌への負担も少なく長時間つけていても酸化しないため、重ね付けしても肌への影響が少なくて済みます。

同シリーズのコンシーラーを使用してみよう

「重ね付けは面倒だ」「パウダーだけじゃ不安」という方は、お使いのミネラルファンデーションと同シリーズのコンシーラーの使用をおすすめします。ミネラルファンデーションを販売しているメーカーやブランドのほとんどは同シリーズで下地やコンシーラーを販売しているので、なるべくそういったものを使用するようにしましょう。

もし違うシリーズのコンシーラーや下地を使用する際は、くれぐれも成分には気を付けて選ぶようにしてください。ミネラルファンデーションだけなら基本的に石鹸だけでメイクオフできますが、化学成分や油分が配合されたものを使用すると別途クレンジングが必要になります。

まとめ

ミネラルファンデーションは余計な添加物を一切使用していないため、肌に優しく長時間つけていても肌トラブルが起きるリスクが少ないというメリットを持つ化粧品です。

一般的なファンデーションと比べてカバー力が落ちるという声も上がっていますが、重ね付けしたり同シリーズのコンシーラーを使用したりと使い方次第ではシミやくすみ、そばかすもしっかりと隠せるくらいのカバー力を発揮します。

使い方に気を付けて、ぜひお化粧に取り入れてみてください。

 
本物のミネラルファンデーションを探せ! 美容オタク3人の使い比べ比較