おすすめはコレ!レイチェルワイン

オンリーミネラル

エトヴォス

ベアミネラル

トゥヴェール

本物のミネラルファンデーション HOME » 肌に優しいミネラルファンデーションの基礎知識 » 下地の必要性と効果的な使い方

下地の必要性と効果的な使い方

これ一つでOKといわれるミネラルファンデ。下地の必要性について調べました。また、下地を使いたい方のために、ミネラルファンデとの相性や注意点についてもまとめています。

「下地不要なミネラルファンデ」ってほんと?

ミネラルファンデの下地は、基本的に不要です。下地を使用しなくても、ミネラルファンデひとつでキレイに仕上がります。

ミネラルファンデーションの粒子はとても細かいため、下地を使用せずに毛穴を目立たせなくさせる効果があり、うすいシミなどの欠点を自然にカバーしてくれます。

また、毛穴をふさがないので、過剰な皮脂分泌を抑えてくれます。時間とともに皮脂と混ざり合ってしっかりと肌に密着していくため、崩れにくいのも特徴のひとつです。

カバー力を増したい場合は、下記の点に注意してみると、下地がなくてもなりたいベースメークに仕上がります。

  • 1)ミネラルファンデを「少しづつのせる」ことを心がけてみてください。毛穴が気になる場合は、毛穴に向かってななめ下方向からブラシを滑らせると、より目立たなくなります。
  •  
  • 2)立体感がほしい場合は、ミネラルファンデの色を明暗の2色使いしてみてください。混ぜることで自分の肌に合った色味をつくることができますし、Tゾーンに明るい色を、エラ部分に暗めの色を使うことで、顔に立体感がでます。
  •  
  • 3)ミネラルファンデをつけて、ブラシですこし時間をかけてくるくるとマッサージをするようにつけると、つるんと綺麗に仕上がります。

ナチュラルな仕上がりでありながら、気になる肌トラブルを隠すことができるミネラルファンデ。日焼け止め、下地、コンシーラーなど必要なく、これ一つで済むミネラルファンデーションは、メイク時間の時間短縮にもなるので、忙しい朝の強い味方です。

下地の必要性を理解しよう

下地とファンデーションを使い分けていても、それぞれどういった役割があるのかわからない方も多いのではないでしょうか。

下地とファンデーションはそれぞれ役割が異なります。下地には、紫外線やホコリなど外部から肌を守ってくれる役割があります。また、ファンデーションには、外見を綺麗に見せてくれます。

役割を知らずにファンデーションを直接塗り続けると肌の劣化・シミなどダメージが大きくなってしまう可能性があります。ダメージを軽減するためにも下地は使いましょう。

下地を使いたい場合は?

下地を使いたい方は、毛穴を目立たなくしたい、シミを隠したい、くすみをとりたい、といったお悩みをお持ちの方ではないでしょうか。そこで、悩み別におすすめの下地と使い方をご紹介します。

  • シミ、ニキビ跡の悩み…濃い色を隠すにはコンシーラーが便利です。隠したい部分に小さめのブラシでポンポンと重ね付けするだけで、気になる欠点が隠せます。コツは、自分の肌より少し暗めの色を選ぶことです。ミネラルファンデの前に使いましょう。
  •  
  • 毛穴の悩み…シルク(絹)パウダーがおすすめです。過剰な皮脂は吸収し、水分不足はお肌を保湿してくれる優秀なパウダーです。お肌の凸凹を隠し、光の加減で毛穴が目立たなくなりますよ。フェースパウダーとしても使用可能ですが、肌の水分と油分のバランスを整え、しっとりさせてくれる効果があるので、ミネラルファンデの前に使うことをおすすめします。
  •  
  • 肌くすみの悩み…コントロールカラーを使いましょう。悩み別にカラーを使い分けます。ラベンダーは、顔色を華やかに見せ、くすみをパッと消してくれます。イエローは、色素沈着やくすみ、ほうれい線に効果的です。オレンジは、目の下のクマなど茶ぐすみをカバーしてくれます。コントロールカラーはミネラルファンデの前に付けます。よりカバーしたい場合は、ファンデ→コントロールカラー→ファンデと、重ね使いもおすすめです。

肌にやさしいミネラルファンデをせっかく使っているので、下地にも成分にこだわりたいですよね。化学物質が使われていない、ミネラルファンデと相性がいいパウダータイプを選びましょう。

下地はミネラルファンデの欠点を補ってくれる

ミネラルファンデは、天然成分でできており、低刺激で肌に優しい化粧品です。ですが、肌に優しいミネラルファンデにも欠点があります。

【ミネラルファンデの欠点とは?】

  • 崩れやすい
  • カバー力が低い
  • 肌が乾燥しやすい

といった欠点があります。市販のファンデーションとは違い、ミネラルファンデは潤いが持続する化学物質が含まれていないため、乾燥しやすいです。また、十分スキンケアが行えていないことが原因で、メイクが崩れやすくなったり、カバー力が低くなったりします。

【下地を塗るメリット】

下地を塗るのと塗らないのとでは、カバー力や持ちの良さがだいぶ違います。下地を使うことでどのような効果があるのでしょうか。

  • 毛穴を目立たなくして、ファンデーションを肌にフィットしやすくしてくれる
  • 余分な油分を抑えて化粧崩れを抑える
  • 肌を傷めにくい
  • カバー力がUP

といった効果があり、メイク状態をキープしてくれます。それ以外にもいくつか下地を塗っておいた方が良いメリットはありますが、実際に使ってみないとわかりません。

ミネラルファンデと併用する下地選びのポイント

下地であれば何でも良いと思い込んでいる人も少なくありません。ですが、下地の上にのせるミネラルファンデを使用するのであれば、配合されている成分にも考えて選ぶ必要があります。

話題のプチプラ下地も色々販売されていますが、その中には刺激のある添加物がたくさん入っています。安いからついつい買ってしまいがちですが、折角ミネラルファンデを使っていても、肌に刺激を与えてしまうんですよ。

購入の際は、下地に配合されている成分や肌質に合ったものを選びましょう。

<乾燥肌>

セラミド・グリセリン・レシチンなどの保湿成分が配合されたもの。

<敏感肌>

SPF値・PA値が少ないものや紫外線散乱剤、コラーゲン・ヒアルロン酸・スクワランが配合されたもの。

ミネラル成分でできている下地がおすすめ!

下地を使うなら、ミネラル成分でできている下地を使いましょう。その中でも、おすすめな下地を3つ紹介します。

■【ヴァントルテ】『ミネラルシルクメイクアップベース』

VINTORTE(ヴァントルテ)

引用:ミネラルシルクメイクアップベース【メール便80円対応】【30日間返金保証】|ミネラルファンデーション『VINTORTE(ヴァントルテ)』公式通販サイト

<特徴>

ミネラルシルクメイクアップベースは、毛穴カバー・保湿・透明感・色補正の効果があります。6種類の植物エキスが配合されており、界面活性剤や合成香料などは使われていません。敏感肌や乾燥肌の方にも優しい下地です。

また、ミネラルファンデと同様にクレンジング不要で、洗顔石鹸だけでスルンと落ちます。

<こんな人におすすめ>

  • 肌のくすみが気になる
  • 夕方になるとメイクが崩れる
  • 化粧をしない日は素肌を休ませたい

■【エトヴォス】『エンリッチシルキープライマー』

エトヴォス

サイトタイトル:混合肌の方におすすめの化粧下地!「エンリッチシルキープライマー5g」【30日間返品保証】│《公式》エトヴォス/国産ミネラルファンデーション

<特徴>

エンリッチシルキープライマーは、ミネラルファンデの下地と仕上げパウダーです。

余計な皮脂が出やすいTゾーンがさらさらになりますし、乾燥する箇所はしっとりとした肌触りです。また、毛穴が目立たずメイクも崩れにくく、陶器のようなマットな仕上がりになります。

<こんな人におすすめ>

  • Tゾーンのテカリ・ベタつきが気になる
  • 肌に優しいものを使いたい
  • 毛穴が気になる

■【オンリーミネラル】『ミネラルプラス ベース』

オンリーミネラル

サイトタイトル:ミネラルプラス ベース | ミネラルファンデーション『オンリーミネラル』公式サイト | ヤーマン株式会社

<特徴>

ミネラルプラスベースは、ひと塗りで自然なツヤ感を与えて、透明感の出る仕上がりにしてくれます。ファンデでは隠しきれない毛穴・色ムラ・くすみなどをカバーしてくれます。

「クリアナチュラル」・「ナチュラル」といった2種類の下地になっており、肌の悩みに合わせて選べますよ。

<こんな人におすすめ>

  • 赤み・ムラ・くすみなどに肌トラブルに悩んでいる
  • 皮脂や汗で崩れやすい
  • スキンケア効果のあるものを使いたい

「下地ありとなし」どちらが自分に合っているのか見極めることが大切

いかがだったでしょうか。

下地を塗るのはちょっと手間に感じるかもしれませんが、ひと手間増やすだけの価値はあるということがわかりますよね。

ミネラルファンデだけじゃなく、下地にも色々種類があるので自分に合ったものを選ぶことが大切です。

自分に合っているものを見極めるためにも、トライアルセットを試してみることをおすすめします。

下地を塗ったときと、塗っていないときの肌の状態を比較できますし、その違いを自分の目で実感することができますよ。

 
本物のミネラルファンデーションを探せ! 美容オタク3人の使い比べ比較