おすすめはコレ!レイチェルワイン

オンリーミネラル

エトヴォス

ベアミネラル

トゥヴェール

本物のミネラルファンデーション HOME » 肌に優しいミネラルファンデーションの基礎知識 » 下地の必要性と効果的な使い方

下地の必要性と効果的な使い方

これ一つでOKといわれるミネラルファンデ。下地の必要性について調べました。また、下地を使いたい方のために、ミネラルファンデとの相性や注意点についてもまとめています。

「下地不要なミネラルファンデ」ってほんと?

ミネラルファンデの下地は、基本的に不要です。下地を使用しなくても、ミネラルファンデひとつでキレイに仕上がります。

ミネラルファンデーションの粒子はとても細かいため、下地を使用せずに毛穴を目立たせなくさせる効果があり、うすいシミなどの欠点を自然にカバーしてくれます。

また、毛穴をふさがないので、過剰な皮脂分泌を抑えてくれます。時間とともに皮脂と混ざり合ってしっかりと肌に密着していくため、崩れにくいのも特徴のひとつです。

カバー力を増したい場合は、下記の点に注意してみると、下地がなくてもなりたいベースメークに仕上がります。

  • 1)ミネラルファンデを「少しづつのせる」ことを心がけてみてください。毛穴が気になる場合は、毛穴に向かってななめ下方向からブラシを滑らせると、より目立たなくなります。
  •  
  • 2)立体感がほしい場合は、ミネラルファンデの色を明暗の2色使いしてみてください。混ぜることで自分の肌に合った色味をつくることができますし、Tゾーンに明るい色を、エラ部分に暗めの色を使うことで、顔に立体感がでます。
  •  
  • 3)ミネラルファンデをつけて、ブラシですこし時間をかけてくるくるとマッサージをするようにつけると、つるんと綺麗に仕上がります。

ナチュラルな仕上がりでありながら、気になる肌トラブルを隠すことができるミネラルファンデ。日焼け止め、下地、コンシーラーなど必要なく、これ一つで済むミネラルファンデーションは、メイク時間の時間短縮にもなるので、忙しい朝の強い味方です。

下地を使いたい場合は?

下地を使いたい方は、毛穴を目立たなくしたい、シミを隠したい、くすみをとりたい、といったお悩みをお持ちの方ではないでしょうか。そこで、悩み別におすすめの下地と使い方をご紹介します。

  • シミ、ニキビ跡の悩み…濃い色を隠すにはコンシーラーが便利です。隠したい部分に小さめのブラシでポンポンと重ね付けするだけで、気になる欠点が隠せます。コツは、自分の肌より少し暗めの色を選ぶことです。ミネラルファンデの前に使いましょう。
  •  
  • 毛穴の悩み…シルク(絹)パウダーがおすすめです。過剰な皮脂は吸収し、水分不足はお肌を保湿してくれる優秀なパウダーです。お肌の凸凹を隠し、光の加減で毛穴が目立たなくなりますよ。フェースパウダーとしても使用可能ですが、肌の水分と油分のバランスを整え、しっとりさせてくれる効果があるので、ミネラルファンデの前に使うことをおすすめします。
  •  
  • 肌くすみの悩み…コントロールカラーを使いましょう。悩み別にカラーを使い分けます。ラベンダーは、顔色を華やかに見せ、くすみをパッと消してくれます。イエローは、色素沈着やくすみ、ほうれい線に効果的です。オレンジは、目の下のクマなど茶ぐすみをカバーしてくれます。コントロールカラーはミネラルファンデの前に付けます。よりカバーしたい場合は、ファンデ→コントロールカラー→ファンデと、重ね使いもおすすめです。

肌にやさしいミネラルファンデをせっかく使っているので、下地にも成分にこだわりたいですよね。化学物質が使われていない、ミネラルファンデと相性がいいパウダータイプを選びましょう。

 
本物のミネラルファンデーションを探せ! 美容オタク3人の使い比べ比較