おすすめはコレ!レイチェルワイン

オンリーミネラル

エトヴォス

ベアミネラル

トゥヴェール

本物のミネラルファンデーション HOME » 肌に優しいミネラルファンデーションの基礎知識 » 話題の化粧品「オンリーミネラル」の注意点と賢い使い方

話題の化粧品「オンリーミネラル」の注意点と賢い使い方

「オンリーミネラル」という化粧品をご存知でしょうか。

肌に優しいことで知られるミネラルファンデーションなのですが、これが「石鹸での化粧落としが簡単」で「つけたまま眠れるほど肌に良い」として注目を集めています。

しかし、そんなオンリーミネラルにもデメリットや注意点があり使い方にポイントがあります。

今回はオンリーミネラルの特徴や注意点、使い方などに注目してみたいとおもいます。

オンリーミネラルとは

オンリーミネラルは、ヤーマンから発売さている化粧品ブランドです。

ミネラルファンデーションといっても、ケミカル成分を含んでいるものもたくさんありますが、オンリーミネラルの特徴は、ケミカル成分がほとんどなく、ミネラル成分だけで作られているファンデーションというところです。

オンリーミネラルは、肌への吸着をよくするためなどに含まれている「合成ポリマー」や「合成界面活性剤」「ナノ粒子」などの、肌にあまり良く無いとされる成分が入っておらず、ミネラル成分だけで作られています。

ミネラルファンデーションと呼ばれるものは、とりあえずミネラルが入っていてケミカル成分も混合されているものと、ミネラル成分オンリーのものとあります。

言うまでもなくケミカルな成分が全く入っていないものの方が、肌には優しく老化を悪化させないと言われています。

オンリーミネラルがお勧めな人

肌を気にする女性

ずばり、肌が弱い人です。

これはすごく単純な理由ですが、メイクができないくらいの肌荒れの人でも、ダメージが少ないので重宝するファンデーションと言われています。

「アトピー」「敏感肌」などのアレルギー的な症状がある人、すでにニキビなどができている人、肌老化を防ぎたいと思っている人などに有効な化粧品です。

オンリーミネラルのファンデーションの種類

オンリーミネラルには、ファンデーションの種類がいくつかありますので、それぞれの特徴をまとめておきます。

ファンデーション

商品ライナップの中で、通常タイプと言って良いファンデーションです。

厳選されたミネラル成分のみを使ったファンデーションで、ミネラル100%のファンデーションになります。

香料、防腐剤、着色料などを全く使用していないので肌に優しく、つけたまま寝ても大丈夫と言われているファンデーションです。

ミネラルモイストファンデーション

オンリーミネラルの中でも新しい商品で、ミネラルパウダーにボタニカルオイルを入れてあるファンデーションです。

石鹸で落とせるケアの簡単さ、ボタニカルオイルのツヤが綺麗な仕上がりをもたらすファンデーションです。

プレミアムファンデーション

通常のファンデーションに「マイカ」「ダイヤモンド」「ゴールド」を新たに配合された、一段上のプレミアムなファンデーションとなっています。

ミネラルエアーファンデーション

ボタンを押すと、エアーでファンデーションのメイクができると言う活気的なシステムが使われているファンデーションです。

ファンデーションを塗るのにはコツがいりますが、こちらを使うことで、ムラなくファンデーションが馴染みます。こちらはミネラル100%ではありませんが、肌馴染みの良いファンデーションとなっています。

オンリーミネラルの注意点

色々とオンリーミネラルの製品情報や特徴、メリットについては理解できたかと思いますが、続いてオンリーミネラルの注意点についても触れておきたいと思います。

カバー力は控えめ

オンリーミネラルファンデーションは、ルースパウダーのため、他の化粧品のリキッドタイプやクリームと比べるとカバー力が控えめと言われています。

100%ミネラル成分の化粧品のため、仕方ないことでもありますが、これはミネラルファンデーションの特徴でもあります。

濃く無いシミ・そばかすは問題ありませんが、夏場などの汗を描きやすい時期は崩れやすいので注意しておきましょう。

粉の飛び散り

オンリーミネラルの粉タイプは、特に軽いつけごごちなのですが、粉のとびちりが気になる人も多いようです。

パウダーですので固形のファンデーションとも違い、落としたりしたら大変ですので、そこも注意しておきましょう。

さらにエアコンや扇風機などの風が強いところでは、粉が舞うことがあるので注意です。

下地との併用が難しい

下地との相性を選ぶファンデーションであることは間違いありません。特に重めの下地などとは、相性があまり良くありません。

また、化粧水などを使っていて、しっかり肌になじまない状態でファンデーションを使うとムラが出てきたりします。そちらも注意しておきましょう。

相性が良ければ使えるものもありますので、お手持ちのもので色々と試してみるのも方法の一つです。

オンリーミネラルの使い方・ポイント

化粧道具セット

それでは先ほど紹介してきた注意点などを含めて、オンリーミネラルの使い方やポイントをまとめてみたいと思います。

使い方は、通常タイプのファンデーションの場合を想定します。

ブラシの動かしかた

ブラシを使う場合は、まずファンデーションの粉をなるべく均一になるようにブラシになじませます、ここで偏りが出てしまうと塗りにムラが出てしまいます。

肌の上でブラシのコシを感じるぐらいの力を込めて、クルクルと回していきます。螺旋を描きながら顔の中心から外へ向かってブラシを進めていくのがポイントです。

クレンジング剤は必要ない

オンリーミネラルの製品は、化粧を落とす時に、クレンジグ剤は使う必要が無いと言われています。これは、公式にもアナウンスされています。

通常の洗顔料や石鹸などで問題なく落とすことができます。

クレンジングには油性成分を落とすための界面活性剤などが入っていますが、これは肌にあまり良く無い成分として知られています。

オンリーミネラルは、このようなクレンジング剤がいらないので、メイク落としの時でも肌に優しいものが使用できます。

下地や乳液は相性が良くない

オンリーミネラルのファンデーションは、しっとりしているので化粧水だけでも十分と言う公式の見解があります。

化粧下地などはムラづきの原因にもなると言われています。パウダーだけで、日焼け止めやコンシーラー、下地などの機能もありますので単体で使うのをおすすめします。

乳液や美容液使用できると書かれていますが、もし使用する場合は、よくなじませて乾いた後にファンデーションを使用することが望ましいです。

カバー力に関してはコンシーラー

ミネラルファンデーションは、全体的にカバー力が低いとされていますが、オンリーミネラルもケミカルファンデーションと比べると、カバー力が下がります。

カバー力が気になる場合は、コンシーラーなどを使ってしっかりと重ね付けするのがポイントとなります。

特にシミ、毛穴などはコンシーラーを使ってカバーしましょう。

オンリーミネラルのまとめ

純粋なミネラルファンデーションである「オンリーミネラル」についてご紹介してきました。

ミネラルファンデーションとは一言にいっても、様々な種類があり、純粋でクオリティの高いファンデーションは限られています。

「オンリーミネラル」はその中でも、純度100%のミネラルファンデーションです。

使用に関しては「カバー力」「使い方」「下地との併用の難しさ」などがありますが、ある程度使い方や注意点さえ気を付けておくことで、カバーできることは多いです。

オンリーミネラルの購入検討されている人の参考になればと思います。

 
本物のミネラルファンデーションを探せ! 美容オタク3人の使い比べ比較