おすすめはコレ!レイチェルワイン

オンリーミネラル

エトヴォス

ベアミネラル

トゥヴェール

本物のミネラルファンデーション HOME » 肌に優しいミネラルファンデーションの基礎知識 » 乾燥肌の人でもミネラルファンデーションが使えるのか調査!

乾燥肌の人でもミネラルファンデーションが使えるのか調査!

肌が乾燥していると、化粧が崩れやすかったり、ムラになりやすかったりします。乾燥肌を解決するのが大切なのは分かっているけど、まずはメイクを綺麗に整えることから始めたくありませんか?

そんな方におすすめしたいのが、ミネラルファンデーションです。

ここで、乾燥肌の方でも本当に使えるのか見ていきましょう。

ミネラルファンデーションと乾燥肌の相性

乾燥肌の人にとって、まず気になるのがファンデーションとの相性です。口コミなどを調べると化粧がすぐに崩れてしまったり、肌に馴染まなかったりしたという評判もチラホラ見かけました。

きめ細かな構造のミネラルファンデーションは、余分な皮脂や汗を吸収するのでメイクを長時間保つことができます。しかし、乾燥肌の場合は、他の人を比べて皮脂が水分が少ない傾向にあります。そのため、吸収性が高いミネラルファンデーションを使うことで、余計にカサカサになりやすくなるのです。

こう聞くと、乾燥肌とミネラルファンデーションの相性は悪いように思えますが、日ごろのスキンケアを忘れずに行えば、このような問題も解消されるので心配無用です。

そして、ミネラルファンデーションを使い続けることによって、更なるメリットが生まれるのです。

ミネラルファンデーションで乾燥肌が改善する場合もある!

ミネラルファンデーションは、使い続ける間に乾燥肌が改善されたという噂をよく耳にしますが、あながち間違いではないようです。

なぜかというと、ミネラルファンデーションには、ヒアルロン酸やセラミドなどの美容成分が含まれています。その成分は、肌の潤いや保湿をキープしてくれるスキンケア効果があり、メイクしている間スキンケアができている状態になります。この作用により肌の調子を整え、乾燥肌を改善することができます。

それから、乾燥肌はクレンジングや、洗顔のし過ぎで引き起こすことがあります。ですが、ミネラルファンデーションはクレンジングをしなくても、洗顔料だけで落とすことができるのです。そのため、、肌への負担を軽減できますし、乾燥を防いでくれます。

乾燥肌に合ったミネラルファンデーションを選ぶ時の4つのポイント

ミネラルファンデーションを買うなら、乾燥肌に合ったものを選びたいですよね。乾燥肌といっても、一人ひとり肌の状態は違います。また、メイクの仕上がりも、人によって好みは分かれるものです。

ここでは、自分に合ったミネラルファンデーションの選び方について解説していきます。購入する前の参考にしてください。

■ポイント1:テクスチャー

テクスチャーとは、化粧品の使用感や仕上がりの雰囲気のことを表します。

しっかりカバーしたい場合は、テクスチャーが重めなものを選ぶと良いでしょう。ですが、ファンデーションとの相性や塗り具合によっては、圧化粧に見えてしまうこともあります。

また、テクスチャーは商品によって違うので、実際に試した上で購入することが勧められます。化粧品店ではミネラルファンデーションのテスターが用意されているので、手の甲などに塗って肌質との相性を確かめてみてください。

■ポイント2:水性・油性の違い

乾燥肌の人にとっては、水性と油性の違いもファンデーション選びの大切な要素となります。

その中で、乾燥肌に適しているものは油性のファンデーションです。

油性は水性のものより、保水能力が高いとされています。そのため、乾燥肌の方でも水分を保水することができ、メイク崩れなどが防げるようになるのです。

■ポイント3:保湿成分

間違ったファンデーション選びをしてしまい、肌の乾燥が進むとシワやほうれい線の原因になってしまいます。そうならないためにも、ファンデーションを選ぶ時は、保湿成分が含まれているかを忘れずにチェックしておきましょう。

【保湿力の高い成分】

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • グリセリン

■ポイント4:添加物

ファンデーションには、添加物・界面活性剤が多く含まれている商品も少なくありません。このような商品を使っていると、肌にかかる負担はどんどん大きくなってしまいます。

負担を少なくするためにも、添加物があまり含まれていないパウダーファンデーションを選ぶようにしましょう。肌への刺激や負担が軽減できるので、肌トラブルを防ぐことができます。

ミネラルファンデーションで乾燥肌対策をする時の心得

乾燥肌の人がミネラルファンデーションを使用する際は、日ごろのスキンケアがとても重要。ここでは、普段からやっておきたいスキンケア法について解説します。

■スキンケアでしっかり保湿

ミネラルファンデーションは、下地など何も塗らず肌に直接のせていきます。その際に、肌が濡れているとダマやヨレになってしまうので、乾いたことを確認してからのせる必要があるのです。

乾いた肌に直接塗り込むので、肌の保湿ケアは必須。メイクを落とした後は、化粧水や乳液などで水分・油分をしっかり補わなければなりません。

■保湿成分が配合しているものを使う

乾燥肌の人は普段の保湿ケアに併せて、ミネラルファンデーションも保湿成分が含まれているものを使うようにしましょう。

肌への負担減・メイク崩れの予防といった様々なメリットが得られます。

■少しずつ肌に重ねていく

ミネラルファンデーションの付け方としては、少量ずつのせていくことがポイントです。乾燥した肌に大量に粉をのせると、ムラになってしまい余計に水分が失われてしまいます。

フェイスブラシを使用すれば量の調整がしやすくなるので、つけ過ぎを防ぐことができます。

ミネラルファンデーションで乾燥知らずのお肌へ!

冷暖房の環境によっては、肌の乾燥を進めてしまうことがあります。特に、職場や学校といった人が集まる環境では、極端な室温設定がされていることも少なくありません。

そのような場合は、保湿成分が含まれている美容液をスプレータイプの容器に入れて持ち歩きましょう。化粧水を霧状にして吹き付けることで、メイクを崩さずに保湿ができます。

潤いのある肌にミネラルファンデーションを施すことで、乾燥知らずの肌が取り戻せます。

 
本物のミネラルファンデーションを探せ! 美容オタク3人の使い比べ比較