おすすめはコレ!レイチェルワイン

オンリーミネラル

エトヴォス

ベアミネラル

トゥヴェール

本物のミネラルファンデーション HOME » 肌に優しいミネラルファンデーションの基礎知識 » クレンジングの方法と落とし方

クレンジングの方法と落とし方

ミネラルファンデーションは、クレンジング剤を使用しなくても、石鹸だけできちんと落ちるのか調べてみました。

クレンジング剤は使用しなくて大丈夫?

天然の鉱物(ミネラル)だけで作られているミネラルファンデーションならば、クレンジング剤は必要ありません。石鹸だけで本当に落ちるか不安の方もいらっしゃるかもしれませんが、ミネラルファンデーションならば十分に落とすことが可能です。

ミネラルファンデーションの落とし方

ここで、肌にやさしい洗顔方法をご紹介します。

  1. まず、ポイントメーク用のクレンジングをコットンにたっぷり含ませ、マスカラや口紅などを先に落とします。
  2. 顔をぬるま湯で予洗いします。そして、石鹸をしっかり泡立てます。泡立てネットを使うと、かんたんにモコモコの泡が作れます。
  3. Tゾーンや顎など、皮脂が多い部分から洗い始めます。泡を肌の上で転がすように、軽いタッチで洗いましょう。ゴシゴシ洗いは摩擦がおこり、肌に負担がかかるので絶対NGです。
  4. 最低20回以上、泡が肌に残らないように十分すすぎましょう。最後に、タオルを顔に軽く押し当てて水気をとります。

以上のような洗顔方法を行えば、ミネラルファンデーションも十分に落とすことができますし、余分な皮脂や古い角質を取り除け、肌本来のきめも整ってきます。

ひとつ注意点をあげますと、メイクをしたら、ポイントメーク部分は専用のリムーバーで落としましょう。マスカラや口紅などには、油性成分が多く含まれているため、石鹸だけでは落とせません。

洗顔の前にポイントメーク用のリムーバーを使用しておくことで、より肌に負担がかからず洗顔できますよ。

ミネラルファンデがクレンジング不要な理由

洗浄力の高いクレンジング剤は、メイクの汚れをしっかり落とせるように、油分が多く入っています。この油分の主成分は、化学的に作られた合成界面活性剤です。

これが多く含まれていると、クレンジングを行うごとに角質層にダメージを与え、肌のバリア機能を低下させてしまいます。

また、メイクとクレンジング剤を馴染ませるときに、指に過剰な力が加わってしまうことで摩擦を与えてしまい、肌に負担がかかります。

とくに、アトピー肌の人や敏感肌の人は、余計に肌にダメージを与えてしまうので、負担をかけないためにも、なるべくクレンジング剤を使わないほうがいいでしょう。

ミネラルファンデーションは、化学物質や着色料、油分やシリコン、保存料などが含まれていないところが特徴です。そのため、刺激が弱く肌にかかる負担が少ないので、つけたまま寝られるほどといわれています。

ただし、ミネラルファンデーションの中でも、ポリソルベート(合成界面活性剤)、ジメチコン(合成ポリマー)、パラベン(防腐剤)、香料などが入っているものがあるので注意が必要です。

その場合は、クレンジング剤を使用しないときちんと落ちません。選ぶ際には、成分表を確認することをおすすめします。

 
本物のミネラルファンデーションを探せ! 美容オタク3人の使い比べ比較